1: 愛の世代の前に ★ 2017/01/23(月) 14:06:10.86 ID:CAP_USER9.net
    コンビニで口論になり、店員を恫喝する男性を撮影した動画が出回った。撮影者は、偶然その場に居合わせたという人物だ。
    本件を取材した結果、意外な事実が判明した。

    発端は、撮影者が動画をTwitterに公開したことだった。客の男性がレジ内の女性に向けて罵倒する場面から、
    動画は始まる。撮影者曰く、この女性は店長であるという。
    「なんか男の店員がインチキしたみたいなこといいだして、キレとる」と撮影者は記している。
    「すいません」、「ごめんなさい」と店長は繰り返し謝罪したが、男性は聞く耳を持たない。

    それどころか、レジ内に向けて物を投げつける場面もあった。さらに、「出てこい、こっち。殴ってやる」。
    怒りの矛先は男性店員であり、「なんで店長が一番に謝っとんだ?おめぇ、そこで土下座せえよ」といった言葉も飛び出した。
    この動画は各所で話題になり、土下座の強要や各種の恫喝に対して非難の声が続出した。

    撮影者は、具体的な店名までは明かさなかった。だが、内装、掲示物や棚などの配置を手がかりに当サイトが調査した結果、
    店を特定することに成功した。そこで、1月22日に店に連絡を取り、事情を尋ねた。当該の店で、客とのトラブルが発生したことは間違いないという。

    当日の様子が撮影されていたことや、動画が出回っていたことは、当サイトから話を聞くまで全く知らなかったそうだ。
    男性が激怒した理由は、キャンペーンのくじ引きの扱いをめぐって、店員と揉めたことだったという。
    本件を警察に相談するなどしたのかと問うと、「そういう大袈裟な問題ではないんで」と、解決済みであることを示唆した。

    男性は、頻繁に店を利用している客であるという。男性と揉めたのは、動画が撮影された当日だけであるとのこと
    。翌日以降も、男性はこれまで通り来店しているそうだ。また、店員や店長が、実際に土下座をしたわけではなかったという。

    http://tanteifile.com/archives/4011

    【【動画あり】コンビニ店員に客が土下座を要求する動画流出 またかwww】の続きを読む

    1: 三毛猫 φ ★@\(^o^)/ 2017/01/23(月) 16:21:31.82 ID:CAP_USER9.net
     女優の山本富士子、藤原紀香らを輩出した『第49回ミス日本コンテスト2017』が23日、
    都内で行われ、京都出身の大阪大学文学部2年生・高田紫帆(たかだしほ・20)さんが
    グランプリに輝いた。高田さんは「ミス着物」にも選ばれ、ダブル受賞となった。

     受賞のスピーチでは、涙で声を震わせながら「このような光栄な賞をいただき、本当に
    光栄に思っております」と喜びを語り、「私が自分のことでいっぱいになった時に、
    周りを見るといつもファイナリストの12人がいました。このすばらしいファイナリスト
    12人とともに、この舞台に立てたことが私にとって一生の財産だと思います」と感謝の気持ちを伝えた。

     今年のテーマは「輝く行動美人」。2156人が応募し、最終審査に進んだ19歳から25歳までの
    候補者13人を対象に、昨年10月から1月まで勉強会を実施。この日の最終審査で着物、
    ドレス、水着審査が行われ、ウォーキング、自己PRを披露した。

     グランプリとともに各賞も発表され、「水の天使」には宮崎あずささん(23)「海の日」には
    三上優さん(25)「みどりの女神」には野中葵さん(20)、準ミス日本には宮西伽奈さん(23)が選ばれた。

     高田さんは京都府出身で現在は大阪大学文学部2年生。小学生から陸上に打ち込み、
    中学時代はジュニアオリンピックに出場。弟はサッカー16歳以下日本代表に
    選出されたこともある高田侑真選手。

    http://www.oricon.co.jp/news/2084871/full/
    no title

    no title


    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    【【ミスコン】「ミス日本2017」大阪大学2年・高田紫帆さん、「ミス着物」とダブル受賞 2156人の頂点に 驚きの声多数!】の続きを読む

    1: あずささん ★@\(^o^)/ 2017/01/23(月) 17:54:50.76 ID:CAP_USER9.net
    第72代横綱の誕生が確定した。日本相撲協会の諮問機関である横綱審議委員会(横審)は23日、東京・両国国技館で定期委員会を開き、同協会から諮問された大関稀勢の里(30=田子ノ浦)の横綱昇進問題について審議。満場一致で推薦することを決めた。

    この答申を受け、同協会は25日午前9時から開かれる大相撲春場所(3月12日初日、エディオンアリーナ大阪)番付編成会議後の臨時理事会で、稀勢の里の横綱昇進を正式決定する。日本出身の横綱誕生は1、998年夏場所後の3代目若乃花以来19年ぶり。03年初場所の貴乃花(現貴乃花親方)を最後に途絶えていた、日本出身横綱が14年ぶりに復活する。3月の春場所は鶴竜(31=井筒)、日馬富士(32=伊勢ケ浜)、白鵬(31=宮城野)のモンゴル勢に加えて、17年ぶりに4横綱となる。

    ソース/YAHOO!ニュース
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170123-01769241-nksports-fight

    【稀勢の里の横綱昇進が”満場一致”で決定 「まだ早い!」という声もあるが…】の続きを読む

    このページのトップヘ