1: すらいむ ★ 2017/01/11(水) 02:10:58.70 ID:CAP_USER9.net
iPS視細胞で目に光
失明マウス、理研が初確認

 人工多能性幹細胞(iPS細胞)を網膜の視細胞に変化させ、末期の「網膜色素変性症」で失明したマウスに移植すると、目に光を感じるようになったとの研究成果を、理化学研究所多細胞システム形成研究センター(神戸市)のチームが10日付の米科学誌電子版に発表した。

 光を感じる機能を、iPS細胞を使って回復できることを確認したのは初めてという。

 万代道子副プロジェクトリーダーは「現段階では少し光が分かり、視野が少し広がる程度だと思う」と説明。
 人のiPS細胞でも検証し、臨床研究を2年以内に申請したいとしている。

共同通信 2017/1/11 02:00
https://this.kiji.is/191597782826369025



4: 名無しさん@1周年 2017/01/11(水) 02:14:01.20 ID:cId+wPvt0.net
神戸の理研はアホが多いと聞いたがそうでもなさそうだな

6: 名無しさん@1周年 2017/01/11(水) 02:15:46.17 ID:kfOyYTLW0.net
み、見えるでチュー!!!号泣

11: 名無しさん@1周年 2017/01/11(水) 02:34:15.64 ID:4GO6OVzA0.net
毎日毎日ネズミで成功した話ばっかり
(´-`).。oO
その後ニンゲン用に実用化した薬剤や治療法って何%くらいあるの?

15: 名無しさん@1周年 2017/01/11(水) 03:06:02.45 ID:gUxfjLyf0.net
もう少し人間に近い生き物で実験しろよ

17: 名無しさん@1周年 2017/01/11(水) 04:01:58.72 ID:z0XvC+Qk0.net
光は感じられるかもしれんが、とんでもないグチャグチャ視界になりそう


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1484068258/

<注目記事>