話題

    1: ミントソーダ ★ 2017/02/07(火) 10:37:29.22 ID:CAP_USER9.net
    ソース:2月6日 12時31分
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170206/k10010866251000.html?utm_int=news_contents_news-closeup_002

     偽の情報が、検索サイトやソーシャルメディアなどで拡散していくうちに正しい情報を上回る影響力を持つようになる、「フェイクニュース」が世界的に問題になっています。

     日本でも去年、医療や健康に関する真偽不明の情報が大手ネットメディアに掲載されていたことが問題になりましたが、今もそうした情報は後を絶ちません。

     そのひとつが、若い女性を中心に話題になっている「塩水洗浄」というダイエット方法です。「大量の塩水を一気に飲んで腸内をキレイにする」というもので、医師は「内臓出血などで命に関わる危険もある」と警告しています。しかし…。
     
    ◆塩水で腸内洗浄?

    「塩水洗浄」ということばで検索サイトで調べると、「便秘解消に抜群の効果あり」「塩水洗浄で腸内デトックス」などダイエットに関する多くの記事が表示されます。内容はだいたい同じで、「空腹時に1リットル程度の塩水を一気に飲む」「するとおなかを下して、その結果、腸が『洗浄』される」などと説明しています。なかには、「正しく行えばとてもいいことばかりで、副作用はありません」と書かれた記事もありました。

     ツイッターにも「体重が減った!」といった「体験談」が多く投稿され、中には3000回以上リツイートされた投稿もあります。その一方で「苦しい」「つらい」といった否定的な体験もありました。実際はどうなのでしょう。

    ◆ネット情報を信じて体調崩す

     東京都内に住む20代の会社員の女性は、便秘に悩まされていたところに、知り合いから「塩水洗浄」について教えてもらいました。念のため検索サイトで調べたところ、「おなかの痛みもなく安全」などの効果を説明した記事が上位に並んでいたため、「みんなやっているんだ」と安心したといいます。

     そして休日の朝、サイトを参考に1リットルのミネラルウォーターに10グラムの塩を溶かして一気に飲んだところ、胸が苦しくなり、立っていられないほど気持ちが悪くなったといいます。横になっても、我慢できずトイレに駆け込んでおう吐したあと、激しくおなかを下すなど苦しみが続き、体調が回復したのは翌日の昼でした。女性は「あれだけの塩水を一気に飲めば気持ち悪くなるのは当然ですが、あのころはネットの情報を疑いませんでした」と話しています。


    ◆医師は「どう見ても危険」

     塩水洗浄についての複数のサイトを見た筑波大学の徳田安春客員教授は、「どう見ても危険だ」と指摘しました。

     徳田教授は、「これだけ大量の水分と塩分をとった場合、胃と腸が急激に膨れるので耐えきれず吐いてしまう。場合によっては、胃と食道のあいだの粘膜が切れて大量に出血し、吐き出してショック状態に陥ることもありえます。もしその人の心臓や腎臓、肝臓の機能が落ちていた場合は、心不全や呼吸不全、腎不全、あるいはおなかに水がたまる、全身がむくんでしまうといった副作用のおそれがある」と危険性を訴えました。

     さらに、「たとえ健康な人でも長期的に実施した場合は、塩分の取りすぎで病気になってしまうでしょう。そもそもこの方法は腸内で消化を助ける菌も根こそぎ流してしまうので、かえって腸の働きを弱めてしまう」と、肝心のダイエット効果についてもきっぱり否定しました。

    >>2以降に続きます

    【塩水飲んでダイエット?あふれる“フェイク”健康情報~ネット情報を信じて体調崩す】の続きを読む

    1: キン肉バスター(茨城県)@\(^o^)/ [US] 2017/02/07(火) 12:47:39.57 ID:A7TYL8lf0.net BE:844481327-PLT(12345) ポイント特典
    sssp://img.2ch.sc/ico/monatya.gif
    「チバ」から「グンマ」に転校した高校生が、グンマ独自の文化や風習に翻弄(ほんろう)されながら学園生活を送る--。
    そんな設定で、実際の群馬県の名産・名所がふんだんに登場するご当地漫画「お前はまだグンマを知らない」が3月、実写版でドラマ化される。
    映画化も予定されている。7日に日本テレビが発表した。

    「地球上唯一残された秘境」のグンマに引っ越してきた高校生、神月紀(かみつき・のり)が主人公。
    群馬の名所や歴史を紹介する「上毛かるた」や「焼きまんじゅう」など、群馬の風習、名産、名物が登場するが、それらがユニークかつ「過激」な設定で描かれている。
    例えば、焼きまんじゅうをグンマ人以外が摂取すると、死に至りかねない
    ▽「上毛かるた」の読み方でよそ者をあぶり出す
    ▽トチギやイバラキとの北関東3県地域間抗争--。

    2013年に新潮社のウェブ漫画サイト「くらげバンチ」で連載が始まると、県民や県出身者から「だいたい合っている」と“支持”されるなど県内外で広く話題を集め、翌年から単行本化された。
    累計50万部を突破し、今月は第7巻が発売される。

    作者の井田ヒロトさんは群馬県高崎市在住。
    実写化に「他県の方にももっと群馬県を知っていただけたらうれしいです!」とコメント。
    ドラマの主演、間宮祥太朗さん(神奈川県出身)も「圧倒的な郷土愛。グンマに限らず、今一度自分の出身地を愛せるような作品になれば」と意気込んでいる。

    民間調査会社の16年の都道府県別魅力度ランキングで、群馬は2年連続45位に甘んじている。
    県ぐんまイメージアップ推進室は「群馬のPRになれば」と期待する。

    オリジナルドラマは日本テレビ(関東エリアのみ)で3月7~28日、毎週火曜未明(午前0時59分~1時29分)に放送。
    映画化の概要は後日発表される。【尾崎修二】

    http://mainichi.jp/articles/20170207/k00/00e/040/133000c
    http://cdn.mainichi.jp/vol1/2017/02/07/20170207k0000e040134000p/7.jpg

    【ご当地マンガ「お前はまだグンマを知らない」実写化 映画化も予定】の続きを読む

    1: 曙光 ★ 2017/01/30(月) 17:35:42.31 ID:CAP_USER9.net
    黄色い見た目が特徴的な「ターメリック」、またの名を「ウコン」は、日本では二日酔いに効くとされ、本場インドでは傷薬や虫刺され、ひいては「ガンに効く」とまで言われています。
    カレーの原料としても知られるウコンは民間療法にも用いられる万能プレイヤーとして認識されているのですが、実は医学的な効能は認められていません。

    A large scientific review study shows that curcumin in turmeric has no medicinal properties ? Quartz
    https://qz.com/883829/a-large-scientific-review-study-shows-that-curcumin-in-turmeric-has-no-medicinal-properties/

    ウコンにはさまざまな種類が存在しており、日本でもカレーの原料として広く知られるウコンは「秋ウコン」と呼ばれており、苦みが少ない特徴があります。
    一方、健康食品として用いられるのは、苦みがあって黄色が強い「春ウコン」で、中に含まれているクルクミンに効果があると考えられてきました。

    By Public Domain

    しかし、ミネソタ大学の研究チームによる論文では、クルクミンに含まれる物質について「不安定かつ科学的に反応性が高く、体内に吸収できない化合物であるため、(薬剤の開発に役立つ)可能性は極めて少ない」とする結論を導き出しています。
    薬剤の検証が行われる際には、多くの場合で特定のタンパク質に作用する能力についての検証が行われます。
    そして、クルクミンの化学組成には、実際にはタンパク質に作用していないにもかかわらず、あたかも効果があったかのような結果「False Hits (偽の結果)」をもたらす効果があることが明らかになっています。

    このような特性は人々にクルクミンの効果を期待させ、さらに間違った期待をもとに研究が進められるために、不要な予算が消費されることにつながります。
    この結果についてミネソタ大学のマイケル・ウォルターズ博士は「クルクミンの一件は私たちに対する教訓です」とコメントしています。
    このような特性を持つ物質はPANIS(pan-assay interference compounds:広範な試験法に干渉する化合物)とも呼ばれ、科学的な誤解を生む物質として注意すべきものとされているとのこと。

    医学誌「Journal of Medicinal Chemistry」の共同編集長を務めるガンダ・ゲオルグ氏は、「多くの労力と資金がクルクミンの研究に浪費されてしまいました」と、クルクミンを取り巻く誤解と混乱を語っています。
    しかしその結果はまだまだ十分に周知されておらず、いまでもクルクミンの効能についての論文が次々と寄せられているといいます。

    最新の研究からは、クルクミンの効能は「プラシーボ効果」に等しいともいえる結果が出ているとのことですが、一方で「クルクミンの研究はまだ十分ではない」として、さらに掘り下げた調査を行うことで、
    PANISであることを踏まえた理解を目指す研究も行われているとのこと。しかし前出のウォルター博士は「クルクミンの研究に投じられるリソースを、他に研究されるべき何千という化学物質の研究に投じるべきである」としています。

    ミネソタ大学の研究チームによる論文は、以下のリンクから閲覧することができます。

    The Essential Medicinal Chemistry of Curcumin - Journal of Medicinal Chemistry (ACS Publications)
    http://pubs.acs.org/doi/abs/10.1021/acs.jmedchem.6b00975

    http://gigazine.net/news/20170130-turmeric-zero-medicinal-properties/

    【健康食品の「ウコン」には薬効無しと判明…効果があるとされていた含有成分のクルクミンの効能は「プラシーボ効果」に等しい結果】の続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2017/01/31(火) 05:36:45.82 ID:CAP_USER9.net
    58分も寿命が縮む食べ物も…

    環境学の世界では、近年、「損失余命」という概念が提唱されるようになった。

    これは、先行するさまざまな研究で積み重ねられてきた健康被害との関係から
    「縮まる寿命」を計算した平均値であり、WHO(世界保健機関)など各国の医療機関・団体でも使用されている。

    タバコや酒など、いかにも体に悪そうな嗜好品だけでなく、ごく普通に摂取している食物などについても数字が示されていて、ギョッとさせられる。

    ウィンナーで寿命が縮むの? と思う人も多いだろう。

    実はウィンナーやハムなどに使われている加工肉は2015年10月に大腸がんの発症を増やすリスクがWHOから指摘されている。
    このリスクを鑑みてはじき出されたウィンナー1本当たりの損失余命が25秒なのだ。

    この数字は加工肉をたくさん食べる人とそうでない人の大腸がん発症数の差、また大腸がんを発症した場合の死亡率などから算出されている。

    ちなみにウィンナーよりも1回り大きいジャンボフランクフルトは、1本当たりで1分14秒寿命が縮む。
    コンビニなどでよく売られているが、1分以上寿命が縮むとなると食べるのを躊躇する人もいるかもしれない。

    また、意外なのが「ひじきの煮物」の損失余命。ひじきは健康に良いイメージの食べ物だが、
    含まれる無機ヒ素の濃度が非常に高いため、その損失余命は小鉢1人前当たり58分という驚愕の数字が出ている。

    「百害あって一利なし」と言われるタバコでさえ、1本当たりの損失余命が12分であることを考えるとどれだけ深刻なものなのかわかる。

    このように、具体的な数字でどの程度のリスクがあるのかがすぐにわかるのが損失余命のメリットだ。

    ただし、その数字を盲信するのは禁物。あくまで「リスクの目安」として算出された数字であるため、個人差が大きい。
    個々人の栄養状態も異なるため、損失余命が大きくてもその食べ物に含まれる栄養素が必要というケースも当然ある。

    長生きするには、バランスの良い食事を取るにこしたことはない。(井)

     『週刊現代』2017年2月4日号より

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170131-00050798-gendaibiz-bus_all
    現代ビジネス 1/31(火) 0:01配信

    【ウィンナー1本で寿命が25秒縮む!? ひじきの煮物はタバコより危険!? 新基準「損失余命」って何だ?】の続きを読む

    1: 特選冷やしカレー生卵付き ★ 2017/01/17(火) 21:49:53.67 ID:CAP_USER9.net
    「カレーの日」は食べ放題で満足するまでカレーを食べよう。

    1月22日(日)は、「カレーの日」。全国学校栄養士協議会で、1月22日の給食の
    メニューをカレーにすることに決め、1982年の同日に全国の小中学校で一斉に
    カレー給食が出されたことに由来する。

    「30curry kitchen サーティカレー代官山」では「カレーの日」を記念して
    「カレーランチ食べ放題」(1480円)を、1月17日(火)から1月31日(火)まで開催する。

    30種類のスパイスを使ったサーティカレーや特製カレーはもちろん、ご飯、サラダバー
    各種トッピングも含めて、時間内無制限の食べ放題。期間中の11時から16時まで行われ
    テイクアウトカレー詰め放題(980円)も用意される。

    日本の国民食ともいえる人気料理を、記念日を機に改めて味わってみよう。

    https://woman.infoseek.co.jp/news/gourmet/walkerplus_98070

    【えっ!?1月22日はカレーの日!日本の国民食が食べ放題に「小中全員カレー給食に由来」】の続きを読む

    このページのトップヘ