アニメ

    1: ベラドンナ ★@\(^o^)/ 2017/02/15(水) 00:35:48.34 ID:CAP_USER9.net
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170215-00000001-flix-movi

    1984年に41歳の若さで亡くなった漫画家の故ちばあきお氏による名作野球漫画「キャプテン」が、「おれはキャプテン」「グラゼニ」(原作・森高夕次名義)などで知られるコージィ城倉の手によって復活することが明らかになった。
    4月5日発売のグランドジャンプ9月号(集英社)より、続編の連載がスタートする。

    「キャプテン」は1972年から「月刊少年ジャンプ」(※旧・別冊少年ジャンプ)で連載された野球漫画。
    墨谷二中野球部の歴代キャプテンたちを主人公に、等身大の少年たちが努力を重ねて、強豪へと成長していく姿を描き大ヒット。
    一時期は「週刊少年ジャンプ」誌上で高校が舞台のスピンオフ「プレイボール」も並行して連載され、現在も一般から球界まで数多くのファンを持つ。

    スポーツ漫画の新しいスタイルを確立した作者のちばあきお氏は33年前に死去。
    もう本人によって描かれることのない新作が、ちばあきお作品を心から愛し、尊敬する城倉の手によって復活する。

    続編で描かれるのは、「キャプテン」「プレイボーイ」の“その後”。
    墨谷二中野球部の元キャプテンで主人公の谷口タカオが、高校3年生になり、墨谷二中で彼の後を継いでキャプテンを務めた丸井、イガラシらと共に甲子園を目指して猛特訓にはげむ。
    連載にあたって城倉は「新機軸は打ち出しません」と断言。
    「コンセプトは『何も足さない。何も引かない』。ちばあきお先生が生きていたらおそらくこんなカンジで描いたのではないだろうか……というテイストを“再現”してみたい」と語っている。

    連載開始の9号には城倉のインタビューも掲載。
    また本日発売の6号には、2017 ワールドベースボール クラシック(WBC)開幕&「キャプテン」復活を記念した特別とじこみ付録「侍ジャパン×キャプテンコラボピンナップ」が付属。
    また、東京ドームで開催される対キューバ、オーストラリア、中国戦のチケットや、ピンバッジ&クリアファイルのセットを総計30名にプレゼントする懸賞企画も実施される。

    ちばあきお伝説の野球漫画「キャプテン」が復活!
    https://amd.c.yimg.jp/im_siggTHOq.kHyN2fG8JY_d.TOmg---x708-y900-q90/amd/20170215-00000001-flix-000-1-view.jpg
    コージィ城倉による新連載の告知ページ
    no title

    6号には特製ピンナップが付属
    no title

    【ちばあきお「キャプテン」が復活!コージィ城倉で名作野球漫画の続編スタート 喜びの声続々と!】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/01/23(月) 12:20:58.50 ID:Gn4JSs1p0.net
    マンガ大賞2017 ノミネート作品決定!
    http://www.mangataisho.com/news/2017/01/2017.html
    『アオアシ』小林有吾・上野直彦
    『からかい上手の高木さん』山本崇一朗
    『金の国 水の国』岩本ナオ
    『空挺ドラゴンズ』桑原太矩
    『ゴールデンゴールド』堀尾省太
    『ダンジョン飯』九井 諒子
    『東京タラレバ娘』東村アキコ
    『波よ聞いてくれ』沙村広明
    『ハイスコアガール』押切蓮介
    『響~小説家になる方法~』柳本光晴
    『ファイアパンチ』藤本タツキ
    『約束のネバーランド』白井カイウ・出水ぽすか
    『私の少年』高野ひと深

    【マンガ大賞2017 ノミネート作品決定! ネットでの反応は?】の続きを読む

    1: 朝一から閉店までφ ★ 2016/12/15(木) 16:42:06.78 ID:CAP_USER.net
    2016年12月15日 16時02分
    スタジオジブリ出身・米林宏昌監督の新作『メアリと魔女の花』が2017年夏公開

    映画『メアリと魔女の花』ポスタービジュアル - (C)2017「メアリと魔女の花」製作委員会
    c16121905
     

     スタジオジブリのアニメ『思い出のマーニー』(2014)が第88回アカデミー賞長編アニメーション賞にノミネートされた米林宏昌監督の新作アニメ映画『メアリと魔女の花』が2017年夏に公開されることが、
    15日に東宝株式会社(東京)で行われた製作発表会見で明らかになった。本作は1971年に書かれたイギリスの女流作家メアリー・スチュアートの児童文学(原題:The Little Bloomstick)に基づき、
    11歳の少女メアリの冒険を描くファンタジー。会見には米林監督のほか、『思い出のマーニー』で米林監督とタッグを組んだ西村義明プロデューサーも登壇した。

    →【写真】2017年夏の目玉アニメ『メアリと魔女の花』ビジュアル

     ヒロインのメアリは背が低く、クセっ毛の赤毛にそばかすの少女。物語は何をやってもうまくいかず、
    不満と不安を抱えるメアリがひょんなことから奇想天外な冒険に巻き込まれるところから幕を開ける。
     米林監督が2014年にスタジオジブリを退社後、西村プロデューサーが設立したスタジオポノックで製作。『借りぐらしのアリエッティ』(2010)、
    『思い出のマーニー』に続いて、3度目のイギリス児童文学の映画に臨む。きっかけは、『マーニー』の打ち上げ時に米林監督がジブリを退社後、
    どうしていくのかを考えていたときに西村プロデューサーから「もう一本つくらないか」と声をかけられたこと。
     「『マーニー』を静と動で表すなら静だが、動の作品をつくりたかった。元気な女の子が動き回るファンタジーをやろう」と話しているうちに
    “魔女”というキーワードが浮かんだ。魔女をヒロインにした作品にジブリ作品の『魔女の宅急便』(1989)があるが、
    西村プロデューサーは「今の世代に向けた新しい魔女の映画」を目指すという。
     スタジオジブリの血を受け継ぎながらもゼロからスタートする米林&西村コンビが巻きおこす新風に期待したい。(編集部・石井百合子)
    http://www.cinematoday.jp/page/N0088327?__ct_ref=https%3A%2F%2Ft.co%2For75Gb97Gl

    【【アニメ/映画】スタジオジブリ出身・米林宏昌監督の新作『メアリと魔女の花』が2017年夏公開】の続きを読む

    1: 番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です (ワッチョイ 4b75-R0CZ) 2016/12/18(日) 12:20:09.80 ID:BMFOnpjM0?2BP(1000)
    sssp://img.2ch.sc/ico/u_pechi.gif
    http://www.comicsync.com/normal/2016/12/18/ID1617/

    2016年12月18日(日)
    『ブラッククローバー』TVアニメ化決定!――ジャンプスーパーステージ速報!

    12月18日(日)、ジャンプスーパーステージの『ブラッククローバー』ステージで、
    同作がアニメ化されることが発表された。

    今回のアニメ化発表は、ステージのエンディングに上映された映像の中でのサプライズ発表となったもの。
    制作は『NARUTO-ナルト- 疾風伝』や『双星の陰陽師』などのTVアニメでジャンプ読者にもおなじみの
    「株式会社ぴえろ」が担当する。

    気になる出演声優について、今回のステージでは発表されなかったが、先日開催された
    「ジャンプスペシャルアニメフェスタ2016」で上映されており、それが参考になるかも…?
    アニメファンは原作コミックスを読み直しながら、次の発表を楽しみに待とう!

    c16121805
    (画像はtwitterより)

     

    【ジャンプ『ブラッククローバー』TVアニメ化決定!ジャンプフェスタ スーパーステージで発表】の続きを読む

    このページのトップヘ